教員紹介:武田和哉

武田 和哉(タケダ カズヤ)Takeda Kazuya

武田ゼミ | インタビュー | E-Mail

takeda_gazo 職名 准教授
専門 歴史学・考古学・人文情報学
所属コース デジタルライブラリー
研究室 聞思館1階
オフィスアワー 前期 火/5(3101教室)
後期 木/4(場所未定)
担当科目
人文情報学演習/データベース演習
現在の研究テーマ
 大学時代は歴史学を学び、その後に就いた職業では考古学・文化財の分野に携わってきました。これらの分野では、歴史文献や出土文化財などが学問を展開する上での一次資料(証拠)になりますので、当然それらは大切に保存されていかねばなりません。特に出土した遺物は、単にそのモノだけでなく、それがどこのどのような遺跡・遺構・土層から出土したのかという出土データも伴っていないと、学術的価値がなくなります。こんなことで、これら史資料を保存・保管することは大変な労力やケアが必要となるので、そのために一般の人の目には触れにくい場所でひっそりと収蔵されてしまうことが多いのです。現物・本物を見たときにしか感じることができない感動・知見もありますので、本来ならば関心のある方にはなるべく見てもらえるようにすべきではありますが、その両立はなかなか難しいです。そのあたりをデジタルアーカイブ技術などで工夫・解決ができないかと考えています。
最近の研究業績
  1. 『北東アジアの歴史と文化』(北海道大学出版会)
  2. 『都城-古代日本のシンボリズム-』(青木書店)
  3. 『「宋代中国」の相対化』〔宋代史研究会報告集第九集〕(汲古書院)
  4. 「契丹国(遼朝)における宮都の基礎的考察」
  5. 「蕭孝恭墓誌よりみた契丹国(遼朝)の姓と婚姻」
  6. 「契丹国(遼朝)道宗朝の政治史に関する一考察 -慶陵出土の皇后哀册の再検討-」
  7. 「平城京外京条坊制考 -興福寺伽藍中心線との位置的関係について-」
  8. 「平城京跡発掘調査の成果と条坊制研究の課題」
  9. 「東アジア世界からみた平城京」
  10. 「平城京遺跡から出土したココヤシ種子遺物の形態解析」(共著)
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 大谷大学 人文情報学科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.