情報デザインコース

情報デザインコース

福田ゼミ

ゼミのテーマ 人の役に立つWebアプリケーションを作る
ゼミの内容 Unixやプログラミング、最新のWebテクノロジーを学習した上で、自分が作りたいものを作るのではなく、ユーザーの立場に立ち、人の役に立つWebアプリケーションを作成する。
推奨受講科目
  1. 情報表現学テキスト処理論(2・3年次推奨)
  2. Webコンテンツ作成演習1or 2(2年次推奨)
  3. データベース概論(2年次推奨)
  4. データベース演習1or データベース演習3(2年次推奨)
  5. データベース演習2or データベース演習4(2年次推奨)
  6. プログラミング演習1・2(2年次推奨)
  7. Unix演習1・2(3年次推奨)

酒井ゼミ

ゼミのテーマ 「使える」情報システムのデザイン
ゼミの内容 「便利な」あるいは「使いやすい」情報システムとはどんなものなのかを分析し、実際に「使える」システムのプログラムを作る方法を考えます。
推奨受講科目
  1. ネットワーク演習1・2(3年次推奨)
  2. プログラミング演習3・4(3年次推奨)

池田ゼミ

ゼミのテーマ 新時代のインターネット・ビジネスや公共サービスと共生する
ゼミの内容  インターネットとモバイル情報端末などが創り出す新しい時代を読み解きます。ゼミでは、図書、雑誌、新聞、ウェブ、ブログ等を輪講します。iPadを活用します。Yahoo!、Google、Amazon、楽天、Wikipedia、Mixi、Facebook、twitterなど、インターネット応用が急成長しています。その成功理由を探ります。ICT(情報通信技術)の急速な進歩により、情報通信と放送が融合して、既存のテレビや新聞雑誌とは根本的に異なる新しいアプリケーション群が生まれています。そのような有望な新サービスを対象にして、公共的サービスと新規ビジネスをグループで討論(ブレーンストーミング)します。実際にインターネットで使用されるブログやソーシャルメディア技術をツールとして活用した新しいビジネスモデルを詳細に検討します。新しいアイディアを考案して、公共的サービスや営利ビジネスへの適用を実験する試みも研究対象です。
推奨受講科目
  1. 人文情報学特殊講義1(情報科学の歴史)
  2. 人文情報学特殊講義3(プロジェクト・マネジメント)
  3. ネットワーク論
  4. デジタルコンテンツ論
  5. 情報産業論

上田ゼミ

ゼミのテーマ ネットワークとビジネス
ゼミの内容 私達は毎日スマホやPCを使い、ネットにアクセスし、天気をチェックし、スケジュールを確認し、メールを送り、FacebookやLINEで近況報告したりメッセージを交換し、写真を撮り、ニュースをチェックしています。テレビを見ることはなくても、ネットにアクセスしない日は多分ないのではないですか。ゲームもしますね。
毎日の生活でどっぷりと浸かっているネットのサービスを調べ、それがどのように我々の生活に影響、変化、改善をもたらしているか分析してみましょう。これらを支えるお金の流れにも興味ありませんか。どうやって儲けているのでしょうか。ビジネスモデルを考えてみましょう。そして、これからのサービスは今後どう変わってゆくのでしょうか。こんなことを2年間に渡って真剣に考えてみませんか。
推奨受講科目
  1. 人文情報学特殊講義3(プロジェクト・マネジメント)
  2. ネットワーク論
  3. 情報産業論
合格指導資格
  1. ITパスポート試験

推奨受講科目は次の通り対応する。

  • 人文情報学特殊講義3(ITパスポート試験のマネジメント)
  • ネットワーク論(ITパスポート試験のテクノロジ)
  • 情報産業論(ITパスポート試験のストラテジ)
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 大谷大学 人文情報学科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.